社長メッセージ

代表取締役社長 岡本良幸

「身近な暮らしを科学する」を合言葉に、
創意あふれる技術を結集し、
健康的で快適な人間生活に寄与する商品づくりを目指します。

弊社は、2014年2月をもちまして、おかげさまで創業80周年を迎えました。これはひとえに、お客様、お取引業者様をはじめとする関係者の皆様より多大なご支援を頂戴してきた結果であり、心より深く御礼申し上げます。

1934年(昭和9年)に創業し、コンドームや雨合羽をはじめとするゴム製品の生産を手がけ、その後、引き布についての生産技術を応用してプラスチック・フィルム事業に進出するとともに、会社同士の合併や事業の譲受けを繰り返しながら「ゴム・プラスチックの総合メーカー」としての道を歩んで参りました。この間、壁紙や多層フィルムといった事業者向けの中間素材から、カイロや除湿剤といった消費者向けの最終製品まで、様々な製品を供給して参りましたが、いずれも暮らしの原点である「安心・豊かさ・快適さ」を人々にお届けすることを使命とし、独自の技術を培い、新製品の開発と改良に取り組んで参りました。

ここ数年、社会の構造は大きく変化し、これまでの概念や考え方が通用しないだけでなく、そのスピードは速くなるばかりで、私たちを取り巻く環境は厳しさを増してきております。しかし、そうした中でも市場のニーズに対して的確かつ適切に応えるには、基本的かつ確かな技術力と、そうした技術を生かす応用力が不可欠です。こうした強固な技術力と、柔軟な応用力こそがオカモトの核であり、礎であります。

オカモトは、会社の永続性を特に意識し、持続可能な社会の構築に貢献していきたいと考えております。そのために、サプライヤーとしての専門性の高い技術力、メーカーとしての豊かな製品開発力、企業としての積極的な行動力を基盤として、人々の生活に役立つ様々な製品を幅広く供給し、市場での競争力を向上していくとともに、地球環境やエネルギー問題について真剣に取組むことなど企業の社会的責任を全うし、透明性の高い健全な企業経営を実現し、広く社会から厚い信頼の得られる企業グループを目指して参ります。

代表取締役社長
岡本良幸