インタビュー

営業職 平賀大地 2010年4月入社/海外部所属
インタビュー01

営業職 平賀大地 2010年4月入社/OKAMOTO RUBBER PRODUCTS CO., LTD所属

本社や支店に勤務する営業職は、得意先(メーカー、代理店・問屋、小売業者、通信販売業者など)からの注文を受け付け、品番や数量の確認、価格や納期などの取引条件の交渉に当たるとともに、必要に応じて、工場担当者との間で、新製品の企画、製造ラインのスケジュール、製品の梱包や出荷方法などについて協議を行う。

オカモトはコンドームだけだと思っていた

僕は、国内メーカーに勤めていた父親の影響もあり、「日本の国力=メーカーの技術力」というイメージで、就職先は日本のメーカー、特に「独自の技術をもった企業」に就職したいと思っていました。これからの世の中で強い競争力を発揮できると思ったからです。

大学でオカモトの求人情報を見つけ, 「コンドームでは世界一の技術を持ったメーカー」という程度の印象でした。その後、就職活動を本格化させ、オカモトについて研究してみると、事業の幅の広さにとても驚きました。プラスチックフィルムや自動車用内装材といったものを自社生産していることはまったく知りませんでした。

配属後、すぐに担当を引き継ぐことに

本社や工場での研修の後、事前の希望どおりにコンドームを扱う医療品部に配属されました。配属されるとすぐに上司とともに北海道の得意先を訪問し、新担当者として紹介され、引き継ぎました。これほど早くに自分が担当を任されるとは思っていなかったので、とても驚きましたが充実感とともに身が引き締まる思いをしました。

コンドーム市場は決して順風満帆ではありません。少子高齢化の影響で市場そのものは縮小傾向にあると言われています。そうした中、オカモトの根幹であるコンドームビジネスをさらに伸ばすため、従来の手法とは異なるアプローチが必要であると考え、製品や販促活動、得意先へのアプローチ方法などについて新しい企画を提案してみました。上司は、入社2・3年目の私の提案にも耳を傾け、現場の改善に生かしてくれました。

信頼関係が仕事をつくる

得意先とのやりとりの報告が遅れたりして、注意されることもありましたが、それでも日々の仕事で大きく困ったり、辛いことはありませんでした。わからないことや新しいことは、すぐに上司に相談し、的確なアドバイスを頂いています。また、オカモトの先輩方は、決して自分たちのやり方を押し付けることはなく、若手の意見や考えにも耳を傾けながら柔軟な発想で対応してくれるので、とても働きやすい職場だと思います。

そうした環境の中、約5年間自分なりに思い切り仕事をしてきました。当初は「若い」というだけで得意先から相手にされなかったり、同業他社に遠慮していたところもありましたが、精一杯ぶつかっていくことで少しずつ認めてもらえるようになりました。やはりどのような時代でも仕事は「人のつながり」が大切であり、「お互いの信頼関係」が基礎にあることを改めて認識した5年間でした。

英語でコミュニケーションする苦労

2015年夏から海外部に異動になりました。海外部は、オカモトの全製品の海外展開を支援する事業部ですから、コンドームに加え、手袋、カイロ、除湿剤、プラスチックフィルムなど様々な製品を取り扱っています。そこで、こうした手袋やプラスチックフィルムといった事業の国内営業を担当している同期から、事前に情報を収集して異動に備えました。

また、お客様への対応は英語ですが、決して通訳スタッフがいるわけではなくすべて自分でやりとりします。私は幼い頃に海外で生活していたこともあり、外国人や外国語に対するアレルギーはありませんが、決してネイティブではないので、英語でのコミュニケーションに苦労することはあります。それでもやりとりの中心はメールですから、一つ一つ自分で調べたり、上司や同僚に助けてもらいながら作業しています。

新規ビジネスの立ち上げで得る充足感

担当業務は新規の問い合わせ対応です。インド・ロシア・モロッコ・アンゴラなどといった様々な国から新規取引の問い合わせがあります。私が窓口となって内容を確認し、その国の法制度を調査するとともに、製品供給の可能性について企画を立ち上げます。その際は、引渡条件、海上保険の要否、LC開設や前払いなどの支払条件などを検討しなければなりません。

また、工場スタッフや国内営業の担当者ともコミュニケーションを図りながら製品供給の可能性を具体化させていきます。そうした新規ビジネスの立ち上げは、責任の大きさとともに、喜びや充実感があります。

未来のオカモト社員に向けたメッセージ

オカモトの社員は、とても真面目で仕事に熱心だと思います。決して派手さはありませんが、そうした地道な努力を続けていることが、企業としての競争力、底力になっており、まだまだ成長余力のある会社だと思います。

そうした会社の一員として、これからのオカモトの事業の発展に貢献していきたいと思います。